【Philippines】「National Museum of Natural History 国立自然史博物館」

フィリピン マニラ 国立自然史博物館
Philippines Manila “ National Museum of Natural History ”

恐竜の化石や、生き物の標本、模型、植物標本など自然科学系の博物館。

 


開館時間 10時から17時まで
休館日 月曜日 入場無料

Address : Padre Burgos Ave, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila,
Our opening hours is from 10am to 5pm.
On Mondays the museum is closed. Admission is Free.

セキュリティチェックを受けて博物館の中へ、受付で帳面に名前と国名を書いて、説明を受けてから入場。フラッシュ撮影は禁止。

 


入ってすぐに恐竜の頭がお出迎え。中央は吹き抜けになってる贅沢建築デザイン。

 


この向こうに見えるジグザグなゆるい坂道を上がって一番上へ。

 


大きなワニ。

 


エビとカニ。

 


引き出し状になっている標本展示。

 


フィリピンの洞窟の生き物コーナー、洞窟にカニがいるのか。他にはコウモリやクモなど。

 


他の博物館と同じ階段。

 


海の生き物コーナー。

 


天井からのホログラム映像で水や魚が映し出される。常に子供たちがはしゃいでいた。

 


私の好きな巨大模型。マンタとジンベイザメとイルカ。

 


生々しいホルマリン漬け、キモい。

 


これは、タコなの?

 


Spiny Sea Cucumber.(スピニー シー キューカンバー)

なにこれ、宇宙生物でしょ?「トゲのある海キュウリ」って、いやいやホントに何これ?
学術上では「マナマコ」ナマコの仲間らしい。

 


化石は少ない、残念。

 

 

 


本草学や漢方とか、薬草学っぽいコーナー。

 


植物標本や絵など。

 

 


あっという間に見終わってしまった。地下にも少しあったけど、ちょっと残念な展示数、無料だったし文句はいえないが。

 


この3博物館の展示物をひとつに凝縮して、入場料400円くらいの有料にして、浮いたお金で雇用問題、交通インフラとかちゃんとしたらどうなの?

 

 

 

【Philippines】「Quiapo Market キアポマーケット」

【Philippines Day.3】「ゴールデンモスクを目指して」

関連記事

  1. 【Philippines Day.5】「マラテ教会とバクラランマ…

    2019年5月3日 午前8時フィリピン旅行5日目。観光最終日。…

  2. 【Philippines Day.1】「関空からマニラへ」

    2019年4月29日 午前4時55分GW休み2日目の早朝、心斎橋にあるカプセルホテルを出て「…

  3. 【Philippines】「Manila Trip 2019 G…

    2019年 4月29日~5月4日GW フィリピン マニラ旅行まとめ2019 29 Apr. …

  4. 【Philippines】「Quiapo Market キアポマ…

    キアポマーケットQuiapo Marketフィリピンマニラにあるキアポマーケット周辺。キ…

  5. 【Philippines Day.3】「ゴールデンモスクを目指し…

    2019年5月1日 午前8時すぎフィリピン旅行3日目。宿の前にいた子供たちに、日本から持って…

  6. 【Philippines】「Rizal Park リサール公園」…

    リサール公園Rizal Parkドリンクとお菓子の店。&…

  7. 【Philippines Day.6】「さよならマニラ」

    2019年5月4日 午前6時すぎフィリピン旅行6日目、帰国の日。まだ少し暗いうちから宿をチェ…

  8. 【Philippines】「Maynila Hostel …

    フィリピン マニラ バンクス BGC ホステルPhilippines Maynila Hoste…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP