【Philippines】「National Museum of Natural History 国立自然史博物館」

フィリピン マニラ 国立自然史博物館
Philippines Manila “ National Museum of Natural History ”

恐竜の化石や、生き物の標本、模型、植物標本など自然科学系の博物館。

 


開館時間 10時から17時まで
休館日 月曜日 入場無料

Address : Padre Burgos Ave, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila,
Our opening hours is from 10am to 5pm.
On Mondays the museum is closed. Admission is Free.

セキュリティチェックを受けて博物館の中へ、受付で帳面に名前と国名を書いて、説明を受けてから入場。フラッシュ撮影は禁止。

 


入ってすぐに恐竜の頭がお出迎え。中央は吹き抜けになってる贅沢建築デザイン。

 


この向こうに見えるジグザグなゆるい坂道を上がって一番上へ。

 


大きなワニ。

 


エビとカニ。

 


引き出し状になっている標本展示。

 


フィリピンの洞窟の生き物コーナー、洞窟にカニがいるのか。他にはコウモリやクモなど。

 


他の博物館と同じ階段。

 


海の生き物コーナー。

 


天井からのホログラム映像で水や魚が映し出される。常に子供たちがはしゃいでいた。

 


私の好きな巨大模型。マンタとジンベイザメとイルカ。

 


生々しいホルマリン漬け、キモい。

 


これは、タコなの?

 


Spiny Sea Cucumber.(スピニー シー キューカンバー)

なにこれ、宇宙生物でしょ?「トゲのある海キュウリ」って、いやいやホントに何これ?
学術上では「マナマコ」ナマコの仲間らしい。

 


化石は少ない、残念。

 

 

 


本草学や漢方とか、薬草学っぽいコーナー。

 


植物標本や絵など。

 

 


あっという間に見終わってしまった。地下にも少しあったけど、ちょっと残念な展示数、無料だったし文句はいえないが。

 


この3博物館の展示物をひとつに凝縮して、入場料400円くらいの有料にして、浮いたお金で雇用問題、交通インフラとかちゃんとしたらどうなの?

 

 

 

【Philippines】「Quiapo Market キアポマーケット」

【Philippines Day.3】「ゴールデンモスクを目指して」

関連記事

  1. 【Philippines】「Rizal Shrine リサール記…

    リサール記念館Rizal Shrineフィリピン独立の父、国民的英雄「ホセ・リサール」。…

  2. 【Philippines Day.6】「さよならマニラ」

    2019年5月4日 午前6時すぎフィリピン旅行6日目、帰国の日。まだ少し暗いうちから宿をチェ…

  3. 【Philippines】「Baclaran Market バク…

    バクラランマーケットBaclaran Marketバクララン駅を…

  4. 【Philippines】「Fort Santiago サンチャ…

    サンチャゴ要塞Fort Santiag リサール公園北にある歴史地区「イントラムロス」に…

  5. 【Philippines Day.3】「ゴールデンモスクを目指し…

    2019年5月1日 午前8時すぎフィリピン旅行3日目。宿の前にいた子供たちに、日本から持って…

  6. 【Philippines】「National Museum 国立…

    フィリピン国立博物館Philippine National Museum博物館というか美…

  7. 【Philippines】「Maynila Hostel …

    フィリピン マニラ バンクス BGC ホステルPhilippines Maynila Hoste…

  8. 【Philippines】「Malate Church マラテ教…

    マラテ教会Malate Churchカリエド駅から西へ、ひたすら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP