【Philippines】「National Museum of Anthropology 国立人類学博物館」

フィリピン マニラ 国立人類学博物館
Philippines Manila “National Museum of Anthropology”

フィリピンの歴史、民族の風習や文化などが展示紹介されている博物館。

 

開館時間 10時から17時まで
休館日 月曜日 入場無料

Address : Padre Burgos Ave, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila,
Our opening hours is from 10am to 5pm.
On Mondays the museum is closed.
Admission is Free.

 

セキュリティチェックを受けて博物館の中へ、受付で帳面に名前と国名を書いて、説明を受けてから入場。フラッシュ撮影は禁止。

 

 


最初はマンモスの牙。

 

 


この大砲のところでおじさんにシャッターを頼まれ撮影した。

 


大きい梅干しサイズのマスケット銃の弾丸。
もし、こんなものが身体にめりこんだら、絶対のたうち回るわ。

 


海から引き揚げられた日本刀や鍔。ロマンの塊。

 


武士、刀、脇差、鍔、など詳しい説明が書いてある、なるほど。

 


途中で折れてる。

 


大きな壺コーナー、タイやベトナム、インドネシアなど。

 


なんでも鑑定団に出てくる「ルソン壺」的なものだろうか。中島誠之助先生にお願いしたいところ。

 

 


サンゴか何かと一体化したお茶碗、面白い。

 


やたら豪華な階段、フィリピンってお金持ちなの?

 


色々な民族コーナー。

 


大きな楽器。

 


モニターにはそれぞれの部族の風習、祭り、儀式、生活などが流れている。

 


大砲みたいな大きな太鼓。

 


カッコいい鳥のオブジェ。

 

 

 


謎の生き物。

 

 


ノコギリみたいで痛そう。

 


ペガサス。

 

 


綺麗な模様。

 


人面ペガサス?なにこれ。

 


怪獣大決戦って感じ。

 

 


模様とカラーリングは可愛い。

 


中国の役人みたいな雰囲気。

 


素敵な民族衣装。

 

 


いかにも山間部の少数民族って感じ。

 


武器と盾。

 


カッコいい。

 

 


弓矢コーナー。

 

 


竹籠コーナー。これは魚をとる罠。
Fish Trap.

 


簡単に入れて、簡単には出られない。

 

 


魚が暴れたら傷だらけになりそう。

 


すごく大きい籠。

 


素敵民族衣装の展示場。

 

 


石とかコインとかビーズだとか、綺麗な配色センス。

 


外へ、ラプラプ像の向こうに見えるのも博物館。翌日に行った。

 

 

 

【Philippines Day.1】「関空からマニラへ」

【Philippines】「National Museum 国立博物館」

関連記事

  1. 【Philippines】「National Museum of…

    フィリピン マニラ 国立自然史博物館Philippines Manila “ National …

  2. 【Philippines】「Quiapo Market キアポマ…

    キアポマーケットQuiapo Marketフィリピンマニラにあるキアポマーケット周辺。キ…

  3. 【Philippines】「Intramuros イントラムロス…

    イントラムロスIntramuros イントラムロス(Intramuros、イントラムーロ…

  4. 【Philippines Day.6】「さよならマニラ」

    2019年5月4日 午前6時すぎフィリピン旅行6日目、帰国の日。まだ少し暗いうちから宿をチェ…

  5. 【Philippines】「Manila Trip 2019 G…

    2019年 4月29日~5月4日GW フィリピン マニラ旅行まとめ2019 29 Apr. …

  6. 【Philippines】「Malate Church マラテ教…

    マラテ教会Malate Churchカリエド駅から西へ、ひたすら…

  7. 【Philippines】「Rizal Shrine リサール記…

    リサール記念館Rizal Shrineフィリピン独立の父、国民的英雄「ホセ・リサール」。…

  8. 【Philippines Day.5】「マラテ教会とバクラランマ…

    2019年5月3日 午前8時フィリピン旅行5日目。観光最終日。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP